私の治療・予防体験記記事一覧

歯が一本抜けていたところにブリッジと呼ばれる方法で義歯を入れたんですが、この義歯を入れるときが、もうものすごく痛かったです。よく耐えられたと自分でも思います。ブリッジになると側にある健康な歯まで削らないといけないということでした。本当は、健康な歯を削りたくはなかったんですが、保険が効く治療法のなかで、それが最善かなと思い、ブリッジにしてもらうことにしました。だいたいの方が、このブリッジを選択される...

歯石とり&クリーニング安くできた先日、虫歯の治療が終わり、歯石とりというのをしてもらう段階になりました。これはPMTCという歯のクリーニングをしてもらうのかなと思いましたが、また違うようです。かかった費用は、1300円ぐらいでした。保険が効いたということですね。歯科衛生士の方にしていただいたのは、歯周ポケットの間の空き具合を測定したこと、歯の汚れをとり顕微鏡の画像を大きなモニターで見せてもらい歯に...

歯科衛生士に歯周ポケットの計測というのをしてもらいました。これは、プローブというミリ単位の目盛りのついた細い針のような器具を使って計る検査です。私の場合は、歯科衛生士が、このプローブを使用して「〜ミリ」と読み上げ、それを助手が記録するという形でした。ほとんどは、こうした方法でしょう。この検査は「プロービング検査」をいい歯周ポケットの深さを計測し、本来歯茎がある位置から、どれくらい下がってしまってい...

歯科衛生士というプロにメンテナンスしてもらって、よかったこととは私は、虫歯の治療がひと段落した後、歯科衛生士の方に歯磨きの仕方や、「特に、ここのあたりに磨き残しが多いので気をつけて磨くこと」というのを教えれいただけたりしました。また、歯の間を歯間ブラシとか、なにか回転する機械のようなものでクリーニングしてもらい、表面がぬるっとしていたのが、ツルっとなり、歯の間が舌で触って分かるようになりました(歯...

磨き残しがよく分かった歯医者で歯科衛生士に私の実際の歯茎を大きなパソコンの画面で見せていただきました。ほんと赤くはれた感じになっているのが分かりましたね。磨き残しがある部分が、すごくよく分かりました。歯磨きでの磨き残しがある、磨くのが不十分な部分というのは、やはり炎症がおきやすいということのようです。食べかすなどを細菌が食べて繁殖するため、私の身体の組織が対抗していく過程で炎症が起きているのでしょ...

口の中の細菌は、どうやって調べたのかというと口の中の汚れのようなものとツバ(唾液)を採取して顕微鏡で調べていました。その顕微鏡の映像を拡大してパソコンの大きな画面で見せてもらったというわけです。細菌の数以外で指摘されたのは歯茎の残骸が多くあるということ。どうやら私が使っている歯ブラシが硬すぎるらしいです。「ふつう」の硬さの歯ブラシを変えることを歯科衛生士にすすめられました。歯ブラシの硬さの好みを歯...

私は一時期、身体のことを気にするあまり、歯磨きの成分がよくないからとかなんとかいう理由で歯磨き粉を使用していないことがありました。体調を崩して歯磨きがままならない時期もあり、結果けっこうな虫歯となってしまいました。歯が痛くなることが、けっこう多かったです。昔は、痛さを我慢していると、歯の一部?がぽろっと落ちてきたなんていうことがありました。以前通っていた歯医者で歯を抜いた(抜歯)した後に、タイミン...

定期健診・丁寧な歯磨き・デンタルフロス今まで、虫歯になって歯が痛くなってきたら、歯科に行って治療してもらい、定期健診の案内が来ても、面倒になって行かないままになり、また虫歯になって・・・っていうことを繰り返してきました。しかし、今は、虫歯は、たぶんほぼなしで、歯に痛みがあることなく過ごすことができています。どういうふうにして、今の歯の健康状態を維持できるようになったかというと、すごく簡単なことがで...