歯周病対策記事一覧

■歯周病とは歯周病は歯周病菌が原因となる感染症です。歯を磨いてない、磨き方が悪いなどのことで、歯垢(プラーク)がたまってきて歯石となり炎症が起り、歯周病と呼ばれる状態へと症状が進んでしまうということです。歯周病は、歯を支えている組織に炎症が起ることによって引き起こされる病気とされています。歯を支えている組織には、歯肉や歯槽骨(しそうこつ)、歯根膜などがあります。歯周病は、「歯肉炎」から「「歯周炎」...

歯肉炎とは歯肉、つまり歯ぐきに炎症が起る病気です。歯肉炎は歯の表面、空気に触れる側に炎症が起ります。原因となっているのは、グラム陽性菌という細菌。この細菌の名前、私の口の中を顕微鏡で見たときに出てきた名前だったように思います。なので、私の口の中にも、しっかりとグラム陽性菌がいるということなんでしょう。細菌がいない環境の人というのはいないと歯科衛生士が言っていたので、まあいいかと思いました。まあ、細...

歯槽膿漏で歯がグラグラ歯周炎の症状が進行すると膿がでてくる歯槽膿漏(しそうのうろう)という状態となってしまいます。よくCMで歯槽膿漏がどうとなやってますが、けっこう酷い症状なんですね〜。歯槽膿漏は、歯周病の中でも重症の部類に入ります。この歯槽膿漏と呼ばれる歯周病の重度の症状となると歯がグラグラとしてきます。歯槽骨の破壊が始まるようになるまで悪化してくると歯周炎と呼ばれる状態となってきます。歯と歯肉...

歯肉炎の症状の始まりは、歯茎が赤く腫れてくる状態。この状態を発見したら、ほったらかしにしないで歯医者さんに行くべきです。こうした症状だけで済んでいる状態であれば歯を失うようなことにならずに治すことが可能な段階となっています。歯磨きしつつでも、鏡で自分の歯茎を見て、なんだかブヨブヨとしていて赤く腫れているところがあるな〜と思ったら、とりあえずは歯医者さんで診察してもらうべきなんではないでしょうか。健...

一日一回は歯肉炎の症状ぐらいであると、痛みなどの自覚症状がほとんどないので仕事で朝は忙しいってことになって、面倒になり歯科に行かないで「まあ歯磨きはちゃんとしてるし…」って考え、そのうち忘れてしまうなんてことになっている方が多いのではないでしょうか。歯肉炎の段階で歯周病は食い止めたいものです。歯周病の初期の歯肉炎の段階では歯周ポケットの深さは、一般的に2〜3ミリといわれています。面倒だから、忙しい...

歯周病菌の繁殖によって、どんどんと症状が進行すると、ついには歯が抜け落ちてしまいます。こうななりたくないですよね。老人になっても、歯を残して、おいしい食事ができるようにしておきたいものです。若いころは、そんな年をとってからのことは考えないことが多いと思いますが、自分の歯で噛めるという幸せは、歯を失ってみないと分からないことなんではないでしょうか。そのためにも、虫歯・歯周病予防に関する教育というのは...