虫歯&歯周病予防に大切なことは

虫歯&歯周病予防に大切なことは

正しい歯磨き

 

虫歯や歯周病にならないように予防を大切にする動きが歯科でも広がっているそうです。予防歯科っていう言葉がありますよね。

 

自宅でできる虫歯や歯周病予防で一番大切なのは、やはり正しい歯磨きをすること。

 

その他には、
・規則正しい生活
・禁煙をする
・キシリトールガム
などですね。

 

「規則正しい生活」をすることが虫歯や歯周病の予防に関係するのかっていう疑問がある方もいらっしゃるかもしれませんが、免疫力が落ちるなどの影響があるようです。

 

なにより、不規則な無理をする生活だと、健康度全体が下がっていきますよね。

 

さらに歯科での定期健診を行うことができればいいかと思います。

 

歯周病予防で大切なこと

 

歯周病の予防のなかでも大切なのは、歯茎が赤く腫れている状態を発見したら、歯科医に行くことです。

 

この初期の段階の歯周病であれば治療によって歯を残すことが可能とされています。

 

歯医者さんでの定期健診により虫歯や歯周病の早期発見ができたり、歯のクリーニングをしてもらえたり、日常の歯のケア(歯磨きの仕方など)のアドバイスをもらえたりするところもあるので、歯の大切にしたいなら、ぜひ受けておきたいところですね。

 

歯科衛生士は歯メンテナンスのプロだね〜

 

歯科衛生士による歯の清掃でお得なのは、自分ではどうしても磨き残してしまう部分もチェックして磨いてくれるところではないでしょうか。

 

そこは、やはりプロですので、自分で磨くよりは、はるかに適切な歯磨きをしてくださるものと思われます。歯科ならではの機器もありますし。

 

予防グッズを活用してみたい

 

正しい歯磨きの仕方を実践することが第一ですが電動歯ブラシなど、すぐれた歯磨きグッズも数多くあり利用してみてもいいのではないでしょうか。

 

【音波ブラシ】
電動歯ブラシは有名ですが「音波ブラシ」っていうのもあるんだそうです。私は、初めて知りました。

 

この音波ブラシは超高速で振動するんだそうです。なかなか強力そうですね。

 

他にも、歯間ブラシやデンタルフロス・デンタルピック・舌苔(ぜったい)ブラシといった歯磨きグッズがあります。

 

【歯間ブラシ】

 

歯間ブラシは読んで字のごとく歯と歯の間を磨くブラシです。ブラシの太さが数種類用意されています。

 

この間、この歯間ブラシが道端に落ちていたんですが、歯医者さんに行った帰りに落としたのかもしれませんね。(って、どうでもいい話ですが)最初は「なんだこれ?」って思ったんですが、歯間ブラシの写真を見て「ああ、歯間ブラシだったのか!」って分かりました。

 

【デンタルピック】

 

デンタルピックは、爪楊枝のような感じなんですが、先がちょっと曲がっているのが特徴でしょうか。

 

虫歯や歯周病の予防のためには、基本的に
正しいブラッシングでの歯磨きによるメンテナンス
食事習慣の改善
生活習慣の改善
が重要でしょう。

 

歯科の第2の主人公

 

歯医者さんは虫歯の治療を行うところというイメージが強いかと思いますが歯科衛生士による正しいブラッシングの指導や歯のクリーニングなどもしてくれるところです。

 

歯科医が歯医者さんの主役とすれば、第二の主役は歯科衛生士ではないかと私は思っています。