歯周病発生のしくみ

歯周病発生のしくみ

■歯周病とは

 

歯周病は歯周病菌が原因となる感染症です。

 

歯を磨いてない、磨き方が悪いなどのことで、歯垢(プラーク)がたまってきて歯石となり炎症が起り、歯周病と呼ばれる状態へと症状が進んでしまうということです。

 

歯周病は、歯を支えている組織に炎症が起ることによって引き起こされる病気とされています。歯を支えている組織には、歯肉や歯槽骨(しそうこつ)、歯根膜などがあります。

 

歯周病は、「歯肉炎」から「「歯周炎」と呼ばれる状態に症状は悪化していきます。

 

私の歯茎には、赤くなった炎症の状態があったので、これ以上の歯周病の進行は食い止めたいです。歯を、これ以上失いたくないですから。(すでに2〜3本は、生まれついての歯ではなくなっているような状態)