フッ素による虫歯予防について

フッ素による虫歯予防について

虫歯予防の一つの方法にフッ素塗布という方法があります。

 

歯科専用でフッ素ジェルというのが販売されています。

 

歯磨きの後に、このフッ素ジェルによってフッ素を塗ることによって再石灰化を促進するとされているとのことです。

 

専門的な虫歯予防の手段として活用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

歯医者さんで購入できるところもあるようです。他にもフッ素スプレーというものもあります。

 

歯科医に、フッ素について質問し、どのような用い方をすればよいのか、どんな製品を利用するとよいのかなど知ってから「やってみてもいいでしょうか」と聞いてみるのがいいでしょうね。

 

子供の場合は、だいたい歯が生え始めたぐらいの時期からフッ素での虫歯予防を行っていくとよいといわれています。

 

耐酸性を強化する

 

歯の表面にはエナメル質がありますが、酸には弱いとされています。そこでフッ素を塗ることで酸にとけにくい耐酸性を強化するわけです。

 

歯にフッ素を塗布すると酸に溶けにくくなる質をもつ歯をなるといわれています。

 

耐酸性を強化する効果以外にも、いくつかフッ素には虫歯予防になる効果があります。

 

結果的に再石灰化を促す働きや、糖の取り込みの邪魔したり、細菌の活動を抑制し酸がつくられないような環境にしたりなどの働きがあるとされています。

 

海外では

 

虫歯予防先進国のフィンランドでも、このフッ素塗布は虫歯予防の一つとして行われているそうです。

 

また、水道水にフッ素を入れている国もあるそうです。一例はアメリカです。フロリデーションというんだそうです。日本では普及していない方法ですね。

 

今使っている歯磨き粉にも「フッ素配合」って書いてありますから、私は現在、このフッ素を塗布する虫歯予防をしているっていうことになるのかもしれませんが、効果のほどは、よく分かりません。

 

歯磨き粉をつけないで歯磨きをしていた時期があったので、その時期よりは、ましな虫歯予防をしているといえるのではないでしょうか。

 

子供の虫歯予防として、歯医者さんでは、歯磨きで使用されているようなフッ素の濃度よりも高い濃度でのフッ素塗布を行うようです。

 

フッ素の安全性は

 

フッ素は安全なのかという議論があるようですね。

 

私たちの身体に「なにか」を入れたり塗るということになると、安全かどうかということが気にかかることになります。

 

フッ素は自然界にも存在しています。

 

海水やお茶の歯や魚介類に含まれるそうです。いくら良いとされるものでも度を過ぎれば有害となるものですよね。

 

日常、普通にフッ素配合の歯磨き粉で磨く程度なら問題ないとされています。

 

適量を超えないようにしましょうということで、これは、様々な薬などにもいえることではないでしょうか。

 

歯科医にフッ素での虫歯予防について相談してみてアドバイスをもらっておくのがよいでしょう。

 

基本は、健康的な生活習慣・正しい歯磨きの仕方によるケアなど日常でできることで、その次の虫歯予防対策としてフッ素などの方法があるということですね。