8020運動とは

8020運動とは

8020推進財団のホームページ

 

日本では8020(はちまるにまる)運動っていうのがあります。

 

日本歯科医師会と厚生労働省が提案しています。

 

8020推進財団のホームページがありました↓
http://www.8020zaidan.or.jp/index.html
こちらで、いろいろと詳しく知ることができます。お口の健康YES/NOテストっていうコーナーもありました。

 

8020運動って?

 

8020運動とは、80才で自分の歯を20本は残そうという運動です。1989年(平成元年)に提案されたとのこと。

 

なぜ20本の歯を残そうと提案されているのかといえば、20本あれば自分の歯で食べることができるといわれているからなんだそうです。

 

80才ともなると総入れ歯という方もおられるかと思います。

 

そういった状態にはならないように歯科での予防と個人でできることを、ちゃんとやっていくことで80才になっても20本の歯を残すことを目指そうじゃないかっていう提案です。

 

自分の歯を残すためのポイントは

 

ポイントは歯科での歯のメンテナンスですね。

 

歯科での定期健診や歯石除去などのことを行うことで、個人ではできない歯の歯石を取り除くことができたりするわけです。

 

いくら8020運動を推進しても個人だけの力では、なかなか20本の歯を残すということは難しいと考えられます。ですので歯科の力を借りて歯のケアを行うのです。

 

半年に一回はプロのメンテナンスを受けたい

 

私が通っている歯科の歯科衛生士は、歯磨きなど個人だけでは、どうしても歯の汚れが残ってしまうと言っていました。半年に一回は、歯のケア(歯石とりなど)をしたほうがよいのだそうです。

 

たかが半年に一回のことなんて忘れてしまうとなるかもしれませんが、その半年に一回の歯のケアをしないと、どんどんと歯の汚れが蓄積されていってしまい歯周病になる危険性が高まってしまいますよね。

 

日ごろ忙しくても、自分の歯を大切に、高齢になっても「自分の歯で食べる」ことを実現したい人は、歯磨きを、ちゃんとすることだけでなく歯科での歯のケアも忘れないようにしたいものです。

 

それも、なるべく若いうちに、歯の健康を意識して歯のケアをしたほうがよいですね。