健康な歯のありがたさは失ってみてから分かる

健康な歯のありがたさは失ってみてから分かる

歯周病菌の繁殖によって、どんどんと症状が進行すると、ついには歯が抜け落ちてしまいます。

 

こうななりたくないですよね。

 

老人になっても、歯を残して、おいしい食事ができるようにしておきたいものです。

 

若いころは、そんな年をとってからのことは考えないことが多いと思いますが、自分の歯で噛めるという幸せは、歯を失ってみないと分からないことなんではないでしょうか。

 

そのためにも、虫歯・歯周病予防に関する教育というのは大切ですよね。

 

学校や家庭で、歯の健康に関する知識を得たいと思わせるような教育が盛んになるといいなと思います。

 

歯周病の予防のメインは、やはり正しい歯磨きを行うことなんですね。

 

正しい歯磨きによって、できる限りプラークをためないようにする。

 

それプラス歯科医で歯科医衛生士に歯のメンテナンスをしてもらうとベストということでしょう。