キシリトールガムによる虫歯予防を続けるためには

キシリトールガムによる虫歯予防を続けるためには

歯の健康にいいとされる理由

 

キシリトールが虫歯予防など歯の健康によいとされる理由は、
・酸をつくらない
・再石灰化を促す
・虫歯菌のエネルギー消耗が起きて、虫歯菌の数が、だんだんと減少していく
などの理由があります。

 

虫歯菌はキシリトールを分解できないんだそうです。そのために酸をつくらないんですね。

 

再石灰化は、必ずしも「キシリトール」のガムでもなくてよいようですが、ガムを噛むことで唾液が出てきて、それらのことによって再石灰化が行われるといわれています。

 

ガムを噛む時間帯はいつごろがいい?

 

では、いつキシリトールガムを噛めばいいのか、
毎食後に一粒や、歯磨きの前、就寝(寝る)前などのタイミングがよいそうです。

 

あと、ガムって噛んでいると味がなくなっていきますが、味がなくなっても、10分ぐらいはかみ続けるとよいとのこと。

 

ご飯を食べたあとにガムを噛む習慣なら、簡単に身につけられるんじゃないでしょうか。

 

食べすぎを防げる結果にもつながり、ダイエットにもなったりしたら、万々歳ですよね^−^

 

適切なキシリトールのガムを噛む習慣を身につけるだけで、これだけのメリットがあるのですから、虫歯予防のためにも、ぜひ身につけたい習慣ですね。

 

個人的に思う、歯によい習慣を続けるためのコツ

 

ただ、お気に入りの味のガムを見つけられるかどうかが、このガムによる虫歯予防習慣を身につけるポイントなんではないでしょうか。

 

私は、いくつかキシリトールのガムを買ったんですが、どうも、この習慣が定着しません。

 

なぜなら、味の好みに合わなかったり、かんでいると、だんだんと口のあたりがベタベタとしてくるのが嫌なんですね。

 

一番の理由は、やっぱり好みの味のキシリトールガムが、なかなか売ってないこと。

 

レモン味って、なぜかなかなかないです。ミントが多いんですが、ミントは、どうも好きじゃないんです。

 

レモン味のキシリトールガムを見つけたら、ちょっと多めに買おうかと思います。