虫歯を繰り返さなくなった私がしている3つの事。

定期健診・丁寧な歯磨き・デンタルフロス

今まで、虫歯になって歯が痛くなってきたら、歯科に行って治療してもらい、定期健診の案内が来ても、面倒になって行かないままになり、また虫歯になって・・・っていうことを繰り返してきました。

 

しかし、今は、虫歯は、たぶんほぼなしで、歯に痛みがあることなく過ごすことができています。

 

どういうふうにして、今の歯の健康状態を維持できるようになったかというと、すごく簡単なことができるようになったからです。

 

  • 歯科から定期健診の案内が来たら、ちゃんと歯医者に行って検診してもらう。
  • 歯磨きは、時間をかけて丁寧に磨く。
  • デンタルフロスで、歯間も磨く。

 

この3つを心がけて、実際にできるようになって、ようやく虫歯を繰り返すことがなくなりました。

 

健康な歯の状態とは違って、義歯の部分もあるので、たまに違和感みたいなものがありますが、虫歯を繰り返すよりは、はるかにましですよね。

 

もっともしたほうがいいのは歯科に定期健診に行くこと。

先ほどの3つのなかでも、強く意識しておきたいのは歯科に検診に定期的に行くっていうことです。

 

なぜかというと、歯の健康状態を診てもらえるのはもちろん、歯石をとってくれたり、プロに専用の道具で歯を磨いてもらうことができるからです。

 

歯石って、自宅で歯磨きを、ちゃんとしていても、100%とるっていうことはできないのが現実です。

 

歯科医でも、歯石を完全にとるっていことはできないそうです。それでも、自宅で自分で磨いているだけよりは、はるかにましです。

 

私の歯磨きは、こんな感じでしています。

私は、今、一日一回しか歯磨きしていません。夜、寝る前に磨きます。その代り、昔より、かなり丁寧に時間をかけて磨いています。

 

歯磨き粉は使っていません。歯ブラシとデンタルフロスだけで磨いています。

 

使っているデンタルフロスは、小林製薬の「糸ようじ」っていうのです。
小林製薬の「糸ようじ」 
他の安いデンタルフロスより価格が高いですが、糸が6本になっていたりして、歯の汚れ・歯垢・食べカスを、より取ってくれそうだと思ったので、このデンタルフロスを使っています。

 

歯ブラシだけだと、歯と歯の間の汚れって取りにくいですよね。デンタルフロスだと、歯と歯の間に糸を通すので、歯間の汚れも取りやすくなるわけです。

 

安いデンタルフロスだと、糸が一本なんですが、この「糸ようじ」であれば、細い6本の糸になっているので、より汚れを、からめ取ってくれやすくなるわけです。

 

遠くから、一本のロープで物を取るより、網を物にかぶせるように投げて引っ張るほうが、物を引き寄せることがしやすいのを想像していただくと分かりやすいかな。

 

歯科だと、歯科衛生士の人かな?、その人が、なにやら特殊な糸だけを指にかけて歯間を磨いてくれました。

 

ながら歯磨きが、おすすめ。

 

丁寧に時間をかけて磨くのが苦手っていう場合ありますよね。歯磨きを洗面所で、じっくりと時間をかけて磨くのは、けっこう苦痛だったりするのではないでしょうか。

 

それで、おすすめしたいのが、PCなどで海外ドラマを観ながら歯磨きをするっていう方法です。

 

この方法なら、いつのまにか丁寧に時間をかけて歯磨きができている状態になります。海外ドラマに意識がいっているかもしれないですが、歯の一本一本を丁寧に磨くという意識を忘れないようにしておくのがいいと思います。

 

テレビでも映画でも、なんでもいいですが、「ながら歯磨き」だったら、丁寧に時間をかけて歯を磨くっていうことを楽しくできるようになります。